たるみ解消に使ってみたい洗顔料の選び方

たるみ解消に使ってみたい洗顔料の選び方

必要な皮脂まで流してしまうほどの洗浄力には注意

たるみ化粧品人気洗顔料

たるみ解消のポイントは保湿と老化対策です。

 

そのためどうしても化粧水や美容液といったアイテムでケアをする意識が強いです。

 

ただ洗顔料も相応しいものを選ばないとそれらのアイテムも期待したような効果が得られません。

 

じつは誤った洗顔がたるみの原因となってしまっていることも多く、それをいかに防ぐことができるか、そして肌環境をうまく改善できるかがたるみ解消の大事なポイントとなるのです。

 

まず洗いすぎと肌へのダメージに注意しましょう。洗顔は汚れを落とすのケアですが、現代人は清潔への意識が高すぎるため、汚れだけでなく肌に必要なものまで除去してしまっているケースがよく見られます

 

もともと皮脂は皮膚の表面で皮脂膜を作り水分とバリア機能を保護する役割を担っています

 

しかしどうしても「皮脂=汚れ」という意識が強すぎるためか必要な皮脂までも除去してしまうケースが多く見られます。このように必要な皮脂までも除去してしまうと水分が失われバリア機能が低下することで紫外線をはじめとした外部からの刺激に対して肌が無防備な状態になってしまいます。

合成界面活性剤使用の洗顔料は避ける

たるみ解消に効果的な化粧品

その結果肌を保護するために活性酸素の生成量が増加して老化が進んでしまうのです。

 

そうならないために適度な洗浄力の洗顔料を選びましょう。

 

石油系の合成界面活性剤は優れた洗浄力を備えている一方、洗いすぎに陥りやすく、肌に負担をかけるのでたるみに悩まされている方は気をつけたほうがよいでしょう。

 

この点は自分の肌との相性もあるので実際に使ってみたうえで判断したいところです。

 

もうひとつは洗うときに摩擦による刺激を与えない洗顔料を選ぶこと。そのためにはできるだけ泡立ちがよいものを選びましょう。

 

濃密で持ちがよい泡なら指は軽く皮膚に触れる程度でも十分に洗っていくことができます

 

こうした洗顔料選びの基本的な部分をカバーしたうえで化粧水や美容液でのたるみケアを行っていきたいところです。美容成分が配合された洗顔料も増えていますが、まず基本を踏まえたうえでチェックすることが大前提です。
たるみに効く化粧品口コミ人気ランキング>>

たるみ解消に使ってみたい化粧水の選び方

他のアイテムとの相乗効果を考える

たるみ化粧品人気化粧水

たるみ解消のために化粧水を使う際には化粧水そのもの効果に加えて他のケアとの相性やバランスを考慮して適切な製品を選んでいく必要があります

 

化粧水は美容成分を補うことで美肌対策に効果を発揮する面があるだけでなく、洗顔後の肌を整え、美容液の効果が発揮されやすい状態へと導く役割も担っているからです。

 

まずはどのような美容成分が含まれているのかを確認しておきましょう。ここで知っておかなければならないのは化粧水だけでたるみケアを行うことはできない点です。

 

化粧水は8〜9割が水分で成り立っており、含まれている美容成分は限られています。

 

加えて肌の調子を整えるという本来の役割を備えた上で美容成分が配合されているわけですから、美容液に比べると有効成分の含有量も効果も限定されていきます。

 

その意味でも他のアイテムとの相性や相乗効果をよく考えて選ぶことが大事なのです。たるみ解消に有効成分としてはやはり保湿成分です。とくにヒアルロン酸とコラーゲンが含まれているものがお勧めです。

老化予防に抗酸化成分が効果的

たるみ解消に効果的な化粧品

保湿成分といえばセラミドも代表格です。

 

しかしこちらは脂溶性なので水分が多い化粧水との相性はあまりよくないため、美容液や乳液で補うのが基本です。

 

ヒアルロン酸とコラーゲンに関しては分子量を小さくするなど浸透性を高める処方が行われているかどうかをまずチェックしておきましょう(※エイジングケア化粧水の選び方)。

 

たるみといえば老化が主な原因ですから、抗酸化成分が含まれているかどうかもチェックしておきたいところです。ビタミンC誘導体やビタミンEなどがお勧めです。

 

それから美容液に含まれている有効成分を浸透させ、効果を高める効果が備わっているかどうか。

 

この点こそたるみ解消で化粧水を活用する上でもっとも重要なポイントといってもよいでしょう。有効成分を角質層の奥まで導く導入効果を備えた化粧も登場していますし、肌を柔らかくする効果で有効成分の浸透性を高められるものもあります。

 

こうした化粧水以降のケアに目を向けた上で選んでいきましょう

 

あとはやはり洗顔後の敏感な肌に使用するため刺激が少ないこと。たるみができている肌はただでさえ敏感な状態ですから、刺激によって活性酸素が発生して老化が進んでしまうようなことは避けたいところ。石油系の合成界面活性剤や防腐剤には注意しましょう。

たるみ解消に使ってみたい美容液の選び方

抗酸化成分やコラーゲン生成サポート成分が入っているか

たるみ化粧品人気美容液

たるみ解消のポイントはたるみに効果的な美容液の選び方です。

 

いかに適切な美容液を選ぶことができるか、そして効果的に活用していけるかで対策の成否が決まるといっても過言ではありません

 

それだけに配合成分などを慎重に見極めたうえで判断していきたいところです。

 

最大のポイントはやはりたるみの根本の原因である老化を防ぐことができるかどうか。

 

そのためにも老化を引き起こす活性酸素を防ぐ抗酸化成分がどれだけ配合されているかどうかを見ていきましょう。

 

ビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10、アスタキサンチンといった成分がとくに有名ですが、各メーカーが独自に開発した複合成分なども広く使用されているのでひとつひとつの内容をチェックしてみましょう。

 

たるみ解消ではターンオーバーの活性化とハリ・弾力の改善も欠かせません。古い肌から新しい肌への入れ替わりをスムーズにすることでたるみを改善していくことができます。

 

皮膚細胞を活性化させるEGFやプラセンタエキスといった成分もうまく取り入れていきたいところです。

 

さらにハリと弾力の改善に関してはコラーゲンの生成量をいかに増やせるかどうかが重要な鍵です。

保湿対策はクリームや乳液とのバランスを考えて

たるみ解消に効果的な化粧品

角質層の奥にある真皮層に含まれているコラーゲンがハリ・弾力と深く関わっているからです。

 

この真皮層はスキンケア製品で有効成分を皮膚に塗布しても届かないため、体内での生成量を増やすことが有効な方法となります。

 

その効果を備えたビタミンC誘導体、レチノール、ビタミンE、プラセンタエキス、EGFといった成分が含まれた美容液を選んでみましょう。

 

これらの成分は抗酸化成分とも重なる部分があるのでバランスを考えながら見ていきたいところです

 

あとやはり忘れてはならないのが保湿対策。この点は乳液、クリームともうまく組み合わせて行っていくことが大事です。

 

加齢とともに失われていくセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸をメインに肌の乾燥とバリア機能の低下を改善していける成分が補えるものを選んでいきましょう。

 

ここに挙げた成分をすべてカバーするのは無理ですから、その中から自分にとって合いそうなもの、効果が期待できそうな製品内容かどうかを判断したうえで選びましょう。

 

たるみ解消に使ってみたいクリームの選び方

蓋の役割をどれだけ果たすかが大事

たるみ化粧品人気クリーム

たるみ解消を目指す場合にはエイジングケアクリームも重要な役割を担います。

 

化粧水、美容液に比べるとあまり重視されていない傾向も見られますが、スキンケアの仕上げとなるプロセスだけに適切な製品を適切な形で使用しないとケア全体がうまく機能しなくなる恐れもあります。

 

まずクリーム本来の役割をしっかり果たしてくれるかどうかが大前提です

 

クリームは皮膚表面にフタをして水分と有効成分が蒸発して失われないようにするが第一の役割です。

 

とりわけたるみが進んでいる肌は保湿力とバリア機能が低下してしまっているため、せっかく化粧水や美容液で水分と有効成分を補ってもすぐに蒸発して失われてしまいます。

 

それを避けるためにもクリームでフタをし、さらに表面を油分の膜で覆って保護することが大事なのです。この点に関しては油分の配合量がポイントとなってきます。

 

油分が多いほうが肌を保護する効果が高くなる一方、どうしてもベタつきやすくなる問題点が生じます。

蓋の役割と共にクリーム自体の保湿効果にも注目

たるみ解消に効果的な化粧品

乾燥している肌ほど油分が多いものが適しているわけですが、使い心地に関しては個人差が出てくるので実際に試してみたうえで判断することになるでしょう。

 

また同じく油分を補う乳液とのバランスや相性もよく考えた上で選んでいきたいところです。

 

それから保湿効果をどれだけ備えているか。近年発売されているクリームの中にはこの保湿効果を重視したものが増えています。

 

肌にフタをして保護するだけでなく保湿効果も備えることでより高い効果を目指すというわけです。とりわけたるみをはじめとした年齢肌の悩みを抱えている方にとっては大きなポイントといえます。

 

クリームが保湿対策として活用されるようになったのはセラミドとの相性がよいのが理由です。脂溶性のセラミドは油分が多いクリームとの相性がよく肌に浸透しやすいからです

 

そのためセラミドが配合されているかどうかはもちろん、質の高いセラミドが浸透しやすい形で配合されているかどうかもチェックしておきましょう。

 

このように、クリームのメリット最大限に活用することでたるみケアの効果を大幅に高めることが可能です。化粧水・美容液だけに目を向けずにクリーム選びにもこだわってみましょう。

たるみ解消に使ってみたいオールインワン化粧品の選び方

保湿と老化対策を並行してうまく行えるか

たるみ化粧品人気オールインワン

オールインワン化粧品はエイジングケアに適しているといわれています。

 

ただ何でもよいというわけではなく、たるみ解消に活用するためにはそれに合った効果が期待できるものをしっかりと選んでいくことが大事です。

 

オールインワン化粧品がエイジングケアに適しているとされる理由はおもに摩擦による刺激を避けられる点です。

 

化粧水や美容液を単品で使用する場合に比べて1回でケアを済ませることができるので塗布する際の摩擦の刺激を軽減することができるわけです

 

たしかにこの点は大きなメリットですが、それだけに留まらないエイジングケア効果を備えているかどうかを見ていきましょう。

 

たるみができている肌へのケアのポイントは保湿対策と老化対策をいかにバランスよく、並行して行っていけるかどうかです。

 

たるみができている肌はこの両方がかなり進行し、しかもお互いに影響を及ぼしあってしまっている状態です。

抗酸と保湿の両方に役立つ成分が入っているか

たるみ解消に効果的な化粧品

簡単に言えば老化によって乾燥が進み、乾燥によるバリア機能の低下で活性酸素が生じやすくなることで老化がますます進んでいる状態なのです

 

ですから保湿だけ、老化対策だけを行っていても十分ではなく、両方をカバーする必要があるのです。

 

単品のアイテムを使用する場合には美容液で老化対策、乳液・クリームで保湿対策といった役割分担も可能ですが、オールインワンの場合は1本ですべてをこなす必要があるだけに配合成分のチェックが非常に重要になるわけです。

 

セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分、ビタミンC誘導体、ビタミンE、アスタキサンチン、フラーレンといった抗酸化成分がしっかりと配合されているかどうか、どれだけ効果が期待できるかどうかを見ておきましょう。

 

まだ老化と乾燥の両方に役立つ成分が含まれているかどうかも大事です。保水力と抗酸化作用を備えたプロテオグリカン、肌のハリ・弾力を改善するレチノールといったたるみに直接アプローチできるような成分もチェックしておきましょう。

 

目元や口元などたるみやすい部分にはオールインワンに加えて専用の美容液を使用するといったケアも視野に入れつつ、適切な製品を選んでいきたいところです。
たるみに効く化粧品口コミ人気ランキング>>

コスメルジュ編集部が選んだ!たるみ解消に使ってみたい化粧品

リポコラージュ ラメラエッセンスC

たるみ化粧品口コミラメラエッセンスC

角質層に直接生コラーゲンを浸透!500万本突破の本格コラーゲン美容液
6,552円・税別/定期コース5,700円・税別
公式ホームページで詳しく見てみる!>>
パーフェクトワン モイスチャージェル

たるみオールインワンおすすめパーフェクトワン

4000万個!7種類ものコラーゲンを配合した日本で最も売れているオールインワン
初回限定3,800円→3,500円・税別/定期初回3,800円→1,900円・税別
公式HPで詳しく見てみる!>>
ミューノアージュ(MUNOAGE)

たるみ化粧品トライアルミューノアージュ

7種のペプチド配合!たるみ肌をピンとしたハリ肌に再生させるドクターズコスメ
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
公式HPで詳しく見てみる!>>